Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/579-302703aa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

機械のように考える

最近、何かの記事で読んで、ずっと心に残っている一節がある。



機械が人のように考えるようになることが恐ろしいのではない。

人が機械のように考えるようになることが、恐ろしいのである。




確か、こんな内容だったように思う。欧米の評論家の言葉だったかなぁ・・・。

「機械」という言葉を、ロボットなどだけではなく、もっと違うものに置き換えて考えることができそう。



「合理的に」という言葉の下で、いろんなものを切り捨てていくこと。

限られた範囲のことしかやらないこと。

目の前にあることしか、認識できないこと。

あらかじめ決められた規準でしか、判断しないこと。



最近の機械の方が、人間よりもよっぽど「ヒューマン」な行動や判断をすることもあるかもしれないけどね。

こんな箴言、聞き飽きたような気もしていたのだけれど、やっぱり大事なことなような気がする。周りを見渡せば、「機械のように考える」ような状況は日常茶飯事だろうし。

まあ、そうは言っても、「不正な処理をしたので終了します」とか「その操作は許可されてません」とか「インストールできません」とか、開き直れるのが羨ましい時もある。理由もなく怒ったり泣いたりしないから、素直で付き合いやすいと言えなくもない。こういう感覚が、まさに「人が機械のように考える」ということなんだろう・・・。

もちろん、機械なのか人なのか、どっちがええねんという話ではない。「人」とか「ヒューマン」とかいう概念を二項対立に持ち込んで、機械と対置しながら語ることで、誰かが何かを言おうとしていた時代が終わろうとしている(終わった?)ということなのだろう。

そう考えると、冒頭の箴言に心打たれた僕は、かなりの古典派だということになる。日々、開き直りが得意な機械(パソコンやプリンタ)や、機械的思考とも言うべき発想の貧困との闘いなのだから仕方ないのかなぁ?

銀河鉄道999に出てきた機械人間や鉄腕アトムをはるかに越えたような「機械」を手に入れてしまった僕たちは今、「人間にしかできないこと」を探し出すのに必死なのかもしれない。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/579-302703aa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。