Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1332-774ae534
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

新しいノート

今日はノートの話です。ちなみにパソコンの話ではありませんのであしからず。

20080808011534

20080808011531


もうだいぶ長い間、A5サイズの20穴ルーズリーフを使ってきました。

学部時代はB5サイズのルーズリーフ、学部卒業前後にはB6サイズの情報カード、そして修士時代からA5サイズのルーズリーフを使いはじめ、かれこれ7年以上経ちます。

細かいアイディアやメモを書き留める「情報カード」式の使い方と、会議録や講演会、インタビューを書き留める「ノート」式の使い方が両方できるサイズということで、A5サイズに落ち着きました。中途半端といえば中途半端な大きさですが、B5よりも持ち運びが便利で、B6よりも多く書くことが出来るので、結構気に入っています。

問題は、紙を挟むバインダーです。A5サイズのルーズリーフ用のバインダーは、そこそこいろいろな種類が出ています。でも、ノートを180度開いた状態でなければ書けないタイプのものがほとんどです。狭い場所や電車などで何か書いたり、立った状態でメモったりする場合には、ちょっと不便です。

そこで試行錯誤の末、A5のルーズリーフより一回り大きく切った硬質ウレタンボードの片側に穴を4つ空けてルーズリーフを挟み、単語帳を留めるリングで4カ所綴じて使ってます。表紙は黒、裏表紙は緑色の、あのノートです。リングノートと同様、表紙と裏表紙を背中合わせにした状態でノートを書けるというのがとても便利です。

作ってみたいという人がいたら嬉しいので、作り方をのコツを書いておきます。硬質ウレタンはホームセンターで一枚あたり数百円で購入しました。切ったり穴を空けたりするのが面倒ですが、好きな色や厚さを選べるのもポイントです。裏表紙に使っているボードは、ノートを書く時に歪まないように、表紙よりも厚めのものを選んでいます。軽く、硬く、薄いA5ルーズリーフのオリジナルノートです。

使い方ですが、だいたいいつも未記入のルーズリーフが数十枚収っていて、記入済みのものが増えてきたら、ある程度分類をしながら、20穴のバインダーに移して、さらに同じカテゴリーのものが溜ってきたら、紙のファイルに保存しています。

このシステムに、現在のところほとんど不満はなかったのですが、新しいA5サイズの20穴バインダーが欲しくなりました。軽くて、裏表紙に硬さがあるもの、という条件で探してみました。

で、これを買いました。(写真参照)

A5サイズの20穴の手帳があるので、そういう方面で探そうと思っていたのですが、これは、ジャケ買い(?)みたいなノリで買ってみました。

マルマンのスケッチブックの表紙がデザインされていますが、自分でオリジナルなものに差し替えることができます(しばらくは変えませんけど・・・)。

表紙と裏表紙にはある程度の硬さがあるので、立った状態で手に持って書くことができます。リングノートのように表紙と裏表紙を背中合わせに開いて使うことはできませんが、それ意外の点では、自分としてはかなり高得点をあげたいものでした。

さっそく、自作のペンホルダーをホチキスでパチリと留めて完成!

マルマンの量産50周年記念ということで先月あたりから発売されたもののようです。せっかくなので、もう何冊か買っておくべきでしょうか。。。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1332-774ae534
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。