Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1863] 既に面接の域では?

んー、このやり取りだけで既に面接っぽいものの練習になってるような。
しかしシーズンなんですね。私の友人(人事部)も毎日せっせと学生の面接をやってると言うてました。
  • 2008-04-04
  • 投稿者 : よね
  • URL
  • 編集

[C1864]

ぼくが言うのもアレですけど、学生さんもいろんな人がいてますからねぇ。短時間の面接で相手を判断するのって、結構大変ですよね。。。
  • 2008-04-04
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1226-896cf4d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

関西弁の宇宙人が教えてくれないこと

一昨日、就職活動中の後輩から「就職の面接官の役をやってくれ」と頼まれて、小一時間面接の練習に付き合った。

そして昨日、ゼミ室の掃除や片付けを先生と一緒にやりながら、「留学生の後輩から面接官の役をやれって頼まれたんですよ~。一生懸命やったんですけど『面接官はそんな質問はしない』とか言われて参りまして・・・」という話をした。先生は「1階に就職相談室があるから、そういうとこに行けばいいのに。」とアドバイスをしてくれた。

今日、件の後輩が研究室に来たので、「面接の練習したいなら、就職相談室に行ってみたら?俺よりも、ちゃんとした専門の人に見てもらったほうがいいよ。」と話してみた。そしたら、「相談室の人はマニュアル通りの表面的なことしか言わないんです。」とのこと。

「でも、俺だって、そんなに時間あるわけじゃないし、面接の練習とかは、そういう人に頼んだほうがええんちゃう?」と再度言うと、「一昨日は、ちゃんと先に『時間ありますか?』って確認してから頼んだじゃないですか。私は悪くないです。」と、何だかキレ気味に言葉を返された。

「一昨日のことを言ってるんじゃなくて、これからそういうふうにしたら?ってことを言ってるんやけど。それから、『私は悪くない』って言い張るのは、日本では嫌がられるから、気をつけた方がいいよ。」「別にこれは、個人の性格の問題ですし、今までは特に問題なくやってきました。何が問題ですか?」なんてやりとりをしばらく続けた。

『私は悪くない』という言葉が真っ先に出てきたのは、ある意味でとても新鮮だった。日本人と付き合っている限り、この状況でこういう返し方に出会うことは少ないし、日本人相手なら「ふざけんじゃねよ」で済ませてしまいがちな話だが、留学生相手なので時間をかけて話してみた。

「一般論だが、日本では何か対立した場合は『俺も悪いが、お前も悪い』という喧嘩両成敗的な解決が好まれる。」「『自分は悪くない』と言われた時、『こっちだって悪くない』と笑顔で言い返せる日本人は少ない。結局、後から陰口を言われたり評判を落とされたりする。」「『●●人は自己主張しかしない』というステレオタイプなレッテルを貼られて嫌な思いをするかもしれない」など。

日本に順応しろと言うわけではなく、日本で嫌な思いをしてほしくないなぁ・・・という老婆心から、「日本的なやりかたの傾向と対策」のようなものを説明してみた。

何か対立や問題が起きたときに、喧嘩両成敗的な落としどころを目指すのも、「自分は悪くない」「こっちも悪くない」と言い合って譲らないままに終わるのも、個人レベルのやりとりだったら、別にどちらも大して変わらない。前者は、責任の所在は曖昧なまま対立を避けようとする方法だろうし、後者であっても、どちらが悪いのか分からないまま終わることだろう。

後者のやり方の方がグローバルスタンダードっぽい印象だけど、前者と後者が出会ったときに若干の不幸が起こる。日本人が海外に行ったときに、主張することが存在意義だと精一杯がんばって、疲れ果ててしまう人もいる。(海外に出ると水を得た魚のように活き活きとする人もいるが、日本では疎外感を感じているかもしれない。)

一方で、海外から日本に来た留学生が、母国にいるときと同じように主張すると、周りの日本人から距離を置かれて疎外感を感じるのも同じことだ。そういうケースをたくさん見てきたので、敢えてグジャグジャと喋ってみたというわけ。

ちなみに僕の場合は、自己主張する/しないのどちらを採用するのか、という二者択一ではなく、「時間のある限りはとにかく徹底的に話して理解し合う」という方法を推奨している。主張しない日本人、個より集団を大事にする日本人のメンタリティや関係作法が一朝一夕で変わるとも思えないし、外国人はそういう体験を通じて「日本的なるもの」を理解してくれたらいいと思う。

そんなこんなの長いやりとりを通じて、「自分よりは、就活のプロに任せた方がいいだろう。」という僕の(表面的な)「優しさ」も伝わったし、「私は悪くない」という言葉の裏には、僕に対する申し訳なさから「ものすごく気を遣って『時間大丈夫ですか?』と確認したのに・・・」という思いがあったということも分かって、まあ何というか、めでたしめでたしなわけで。

これが正解だよ、という世界じゃないので、こういうやりとりでよかったのかという自信もないけど、とりあえず詳しく書き残してみたら何か次につながるかなと思って長々と書き綴ってみた。長文読んで頂きましてありがとうございます。

2件のコメント

[C1863] 既に面接の域では?

んー、このやり取りだけで既に面接っぽいものの練習になってるような。
しかしシーズンなんですね。私の友人(人事部)も毎日せっせと学生の面接をやってると言うてました。
  • 2008-04-04
  • 投稿者 : よね
  • URL
  • 編集

[C1864]

ぼくが言うのもアレですけど、学生さんもいろんな人がいてますからねぇ。短時間の面接で相手を判断するのって、結構大変ですよね。。。
  • 2008-04-04
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1226-896cf4d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。