Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1829]

手で書く育児日記と
育児日記的ブログと両方やってるけど
ブログのほうが、人目を意識しているせいか
読むものとしてはちゃんとしてます。。

手で書くほうはテキトーすぎて
後から見るとよくわからんものが…
個人的には意味わからなすぎて笑えますが。

論文がんばってね~
  • 2008-03-17
  • 投稿者 : み~
  • URL
  • 編集

[C1830]

たぶん書く内容も、日常的に対人関係をどういうふうにしてるのかってのにすごく左右されてるんだと思う。意味わからないぐらいのヤツが、前衛的でいいと思うよ。載せるべきだ。
  • 2008-03-17
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

[C1831] ホントにテキトー

ある日の日記

パパ 遅い
ママ 頭痛
ウンチ大量

意訳すると、
「旦那は帰ってこないし、頭イタイし、娘のテンコ盛りウンチどうしてくれよう…」な一日だったかも(笑。
  • 2008-03-18
  • 投稿者 : み~
  • URL
  • 編集

[C1832]

それイイね。採用採用。ブログ書いた最後に、「昨日の日記」っていうコーナーが付くの♪
  • 2008-03-18
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1204-e7da45d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

前向きに

更新を数日サボりました。体調不良に伴うバイタル(生命力)低下だと思います。落ち込んで回復するのに、正味五日ほどかかりましたね。

体調不良でもblogは更新できるはずなのですが、更新したいという気分にならない自分を発見しました。「blog失語症(何を書いたらいいか分からない)」とか「web的引きこもり(更新が怖い)」という言葉が浮かびましたが、即座に却下され、そもそも人はなぜ、webに言葉を綴ろうとするのかについて考えたりしました。

blogを書くときは、基本的には、顔の見える人間関係が念頭にあって、「手紙や電話での近況報告」「井戸端会議」と同じようなものだと思ってます。日本人がmixiやblogに近況報告や日記を書きたがるのは、自分や他人についての「どうでもいい情報」を常に他者と共有していることで安心感がもたらされたりするからでしょうか??

これはおそらく、インターネット時代に突入する以前からの状況、もしくはインターネット以外の制度を見ていく必要がありそうです。たとえば学校制度の中で、常に日記や日誌や記録をつけさせられる訓練をさせられていることなど。他愛もない日常を日記や記録として書き記すことは、とても重要な教育上の目標とされています。

小学生が「日記書けへん。書くことあれへん」と先生に言う。
先生は「何にもないことないやろ。朝起きて、ご飯食べて、学校で誰かにあって、給食食べて、誰かと遊んで・・・。な、いっぱいあるやろ。何でもええから書いてみ」と諭す。一般的な光景です。

ここで重視されてるのは、自分の心の動きや行動を「自覚し、文字化する」ということのようです。こうした取り組みは、夏休みに毎日日記を書かせたり、一日の生活時間の行動計画を立てさせたり、それを記録させたり・・・。もちろん「生活綴り方運動」などの影響があるのかもしれませんが、それだけではないようにも思います。

(※綴り方運動は、貧しさというリアリティを捉え伝える能力を身につけることで、貧富の解消を目指す運動だそうです。)
(※欧米では、日本で言うところの「作文」ではなく、論理的な小論文を書かせるカリキュラムがあるそうです。日本の「作文」は、そういうものに比べると叙情的?なのもののようです。)

こうした日記・記録を付けるという修練の結果身につけられた技法と、日本的、アジア的なベタベタっとした人間関係のあり方とテクノロジーが、実は結びついたり結びついていなかったりしてるのかもしれません。わかりません。

ちなみに、僕自身が時々気が向いたときだけこういう内容の記事を書くのは、単純に、こういうことを考えたり書いたりするのが好きだからです。あわよくばだれかに「ふーん」と思ってもらって、さらに運が良ければコメントしてもらったり、さらに関連情報を教えてもらったりしたら嬉しい・・・という淡い期待はありますけど。まあ普通は、読む側というのは、こういうぐちゃぐちゃわけの分からない心象風景の吐露に対しては「儀礼的無関心」による態度を取るものです。

そうは言っても、別に専門家じゃなくても、公序良俗に反したり、誰かにイヤな思いをさせたりしなければ、ゴリゴリといっぱい書いたらいいと思います。「またアホなこと書いてるなぁ」と思われるだけですし、もしかしたら、そういう無駄なお喋りの中からいいことを思いたり、優れた情報と出会うかもしれません。

あと、自分の精神の安定のためでしょうか。

さて本題。

今日は梅田で研究会だったので、行ってきました。たまには電車に乗るのもエエものです。

イギリスの人文地理学界(どのぐらいの存在感なのか知りません)では、人間と自然の二分法、人間と物質の二分法、人間と意識、主観と客観・・・といった二元論を批判することで、新たなパラダイムを模索してる・・・という状況らしいです。アクターズネットワーク理論(ANT)とか、ちょっと興味深い。(※そしてジョン・アーリの関心なんかも、そういう方向で動いてるというのを知って勉強になりました。)

でも、もっぱらそうしたアカデミな議論のトレンドが、「論文生産システム(研究費獲得システム)」で勝ち上がるための「世代間闘争」によって生み出されてるんじゃないの?みたいなやりとりがあって、そっちの話はそっちの話で説得力があって、何だかなぁという気分にもなりました。論文の本数だけでなく、「引用・参照回数」が評価の対象となる以上、引用されやすいような抽象論、枠組み論、理論研究が膨らんでくるという傾向があるとかないとか。

日本では、まだそういう状況ではないですが、早かれ遅かれ、ある程度はそうなっていくんじゃないかと思います。(※たとえば現在整備中の論文データベースCINIIは、まさにそういう使い方ができる「便利」な情報集積事業です♪僕の論文も新年度からはweb上で公開されますんで、じゃんじゃん引用してくれぇぇ!)

いずれにしても、理論研究にせよ、経験的研究によせ、リアリティのある、地に足のついた研究を展開したいものです。今日はリハビリを兼ねて、少し長めに書いてみました。本当は「大阪行きました」って書くだけの予定だったんです・・・。

4件のコメント

[C1829]

手で書く育児日記と
育児日記的ブログと両方やってるけど
ブログのほうが、人目を意識しているせいか
読むものとしてはちゃんとしてます。。

手で書くほうはテキトーすぎて
後から見るとよくわからんものが…
個人的には意味わからなすぎて笑えますが。

論文がんばってね~
  • 2008-03-17
  • 投稿者 : み~
  • URL
  • 編集

[C1830]

たぶん書く内容も、日常的に対人関係をどういうふうにしてるのかってのにすごく左右されてるんだと思う。意味わからないぐらいのヤツが、前衛的でいいと思うよ。載せるべきだ。
  • 2008-03-17
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

[C1831] ホントにテキトー

ある日の日記

パパ 遅い
ママ 頭痛
ウンチ大量

意訳すると、
「旦那は帰ってこないし、頭イタイし、娘のテンコ盛りウンチどうしてくれよう…」な一日だったかも(笑。
  • 2008-03-18
  • 投稿者 : み~
  • URL
  • 編集

[C1832]

それイイね。採用採用。ブログ書いた最後に、「昨日の日記」っていうコーナーが付くの♪
  • 2008-03-18
  • 投稿者 : aiai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1204-e7da45d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。