Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1183-7293b9bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ざんざかざかざか

【パターン1】
雨じゃ雨じゃ。土砂降りじゃー。

【パターン2】
ふと外の空気が吸いたくなった。
ドアを開けた瞬間、激しい雨音が流れ込んできた。

【パターン3】
ざんざかざんざか、どこもかしこもビショビショだ。

【パターン4】
次から次へ、水玉の矢が地面に突き刺さっては消えてゆく。
側溝を勢いよく流れる水は、つまり水玉たちの累々とした屍であった。

【パターン5】
こんな日に外に出るなんて、服を着たまま水風呂に飛び込むようなものではないか。

【パターン6】
春一番の報せを聞く頃、暖気と寒気の激しいぶつかり合いによって急激に寒冷前線が発達し、地表に激しい降雨と風をもたらす。これを春の嵐と呼ぶ。

【パターン7】
たとえ窓の外でどんなに激しい雨が降ろうとも、一心不乱に論文を書く僕にとっては何の関係もない。






昨日と今日は、大学入試のため研究室に行けず、ずっと家でパソコンに向かっていた。とりわけ今日は午後から雨降りだったので、余計に閉じこもり感が強くなって、気晴らしに「雨降りの表現」をいろんなパターンで書いてみた。自分に文才がないのがよく分かった・・・。

とりあえず解説しておくと、1は「叫び」、2は「雨を音で表現」、3は「擬音語や擬態語」、4は「雨粒表現の暗喩」、5は「状況の明喩」、6は「気象現象の記述」、7は「心象風景の描写」である。

要するに、本エントリーの主眼は、このエントリー全体の記述を通じて「論文が行き詰まっている」ということを表現したかっただけである。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://aiai813.blog50.fc2.com/tb.php/1183-7293b9bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。