Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最期のキラリ

200609302220206

200609302220204

200609302220202

20060930222020

純情きらり、今日が最終回でした。

わりといい終わり方だったようです……かな?
スポンサーサイト

湿度計

20060930124428
なんとなく湿度計買いました。両生類飼育用のやつ。

現在の湿度50%
気温は28度

わりと快適。もすこし涼しくてもいいかな。

ゼミ合宿のレポート、まだまだ長くなりそうです…

ポップコーンの秘密

20060929214020
ポップコーンは弾けて内外が裏返った状態だ、という大発見。

少しずつ少しずつ、北海道土産のとうもろこしが痩せていきます…。

怪しい訪問者

今日神戸に戻ってきて、夕方部屋にいたら玄関の呼び鈴が鳴る。
どうせ新聞の勧誘か何かだよな~と思いつつ、とりあえず出てみる。

「あの、チラシ入れさせてもらったんですけど、ご覧になりました?」だと。
金髪でちゃらい雰囲気のおっさん。やしきたかじんを貧相にした感じ。

最近、その手の人がよく来る。

訝しげに「どちら様?どんなご用件?」と尋ねる。

おっさん「御挨拶に回らせて貰ってます。」

俺「何?」

おっさん「チラシご覧になられました?」

俺「見てません。チラシ渡して挨拶するなら今渡したらええですやん。ないの?」

おっさん「だから挨拶に回らせて貰ってるって言ってるでしょ。また今度チラシ入れさせてもらいますんで」

俺「だから、後で来なくていいから、今配ればええですやん。名刺とかもないの?」

おっさん「名刺?あるで、これやこれ。(首にかけた名札らしきものを突き出す)。クリーニングのご用聞きや。おたく、クリーニングとかしないの?」

俺「しない。」

おっさん「社会人になったらクリーニングとかせないかんで。まだあんたには分からんかもしれんけどな」

(このあたりからおっさん切れはじめる・・・)

俺「いらんて。それより、何てとこの人?店の名前は?」

おっさん「はい?何言ってるか分かんねぇ?挨拶に来てるって言ってるでしょ。よく聞こえないんだけど?何て?うちはレナードクリーニングってとこ。」

俺「クリーニングはしない。おたく、挨拶に来てるのにチラシも名刺も持ってこないのはおかしいで」

おっさん「クリーニングのご用聞きでなんで名刺やチラシ持ってくるねん。今度チラシ入れるから挨拶に来とるって言うとるやろが」

俺「もう二度と来なくてええって!!」

おっさん「はぁ?何度でも来てやるし!!」

俺「ええ加減にせえよ!警察呼ぶで!!」

(ドアを力強くバタンと閉める)

戯れに玄関先で怒鳴り合ってみました。おっさん、また来いや。

先にチラシ入れたんか、今度入れるんか、どっちやねん。

チラシも名刺もないとか、意味わからん。そもそも挨拶って何やねん。

支離滅裂すぎ。都合悪くなると「は?聞こえん」とか言うて。

何やねん、レナードクリーニングって。

まず先に、その貧相な顔を洗って来いや。

っていうか、クリーニング屋とかウソやし。レナードクリーニングなんて、調べても出てこないないし。

何企んどるんやろう??


最近「怪しい人」が頻繁に来るので、みなさんもご注意されたし。

とりあえず居留守が一番ですけどね。。。

夕張メロンおでん

20060928193354
20060928193353
夕張メロンとおでん、美味かったなぁ~

昨日の思い出。今日は今から夕飯の準備。

|(-_-)|めんどくさーい

毎日更新

今月は4日以外、毎日更新してます。一日一回以上。。
なんとなく意識してるんですよね。毎日更新しなきゃって。
更新って言っても、ほとんどたいした内容じゃないですけど。。

ぼんやりしてたら、もう9月も終わりそう。
ゼミブログの「管理人のひとりごと」コーナーは、全然更新してないや。
ゼミ合宿のレポート書かなきゃね。来週には後期が始まるし。
仕事用報告もぼちぼち準備しとかないと。
論文執筆やら追加調査やらの検討もしなきゃ。

でも、この数日間は少し気が抜けてぼんやりまったり。
神戸に戻ったら、気合を入れなおそう。おぅおぅ!

ところで、今日の昼間突然父から電話がきた。

「ヒマ?今から埼玉行くけど、行こう。」って。

・・・午後2時過ぎてるんだけど、埼玉って東京の向こうだよ。


た し か に ヒ マ だ け ど さ -。


一応「いいよ」って答えて、埼玉ライフをエンジョイしようかと構想してたら15分後にまた電話が来て「やっぱり埼玉なし」だって。


           \ │ /
            / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
            \_/   \_________
           / │ \
             ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
たま! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
     〈 |   |
     / /\_」 / /\」
      ̄     / /
           ̄
この一件で、一ヶ月ほど前に師匠から「さいたまさいたまって何?」って聞かれてたことを思い出したので、さいたま関連の情報をコピペしてメールしておいた。自民党のシンボルマーク?が元ネタらしい。(ブログ本文の表示文字数制限のため、かなり崩れてます。お好きな方は「さいたまさいたま」で検索してみてください・・・)

夜になったら、父が埼玉に行かずに会社から帰ってきた。夕飯のおでんを食べ終えた父から「天気図や衛星画像を詳しく調べられるサイトないか?」って聞かれた。

とりあえず気象庁のサイトやtenki.jpを教えてあげた。

「ヒマなときに見るの」だって。

48時間後の予想天気図に感動してた。天気図萌え?

僕と同じ習性にたどり着くつもりだろうか。。

そうして静岡最後の夜は更けていった。

おしまい

スーパーマ

20060927211257
買い物しました。今夜はおでんです~。

手拭生活

手拭好きです。

最初の一枚は、水色地に白抜きの小さなトンボが飛んでるやつ。
その後、桜海老やら亀やら方言やらお茶道具の柄を各地で気が向くままに買ってみたり。
徳島に行けば阿波踊り手拭。郡上八幡では郡上踊り手拭。
それから、祇園祭の黒主山や鯉山の手拭とか。

壁やドアに飾ったり本棚の目隠しにしたり、埃よけのカバーにしたり。
ポスターを貼るように、手拭を貼り付けていく。
東本願寺派の人からもらった「生きてりゃこそ」手拭は、頭に巻いたり汗を拭いたりするのに使っている。

色使いが多いと高くなるので、単色のものが多いかな。
お祭りモノやローカルデザインの手拭にはメロメロなのだ。

今日は静岡のお店で黄色い銀杏の手拭をゲット。季節モノということで。
さっそく、テーブルのセンタークロスとして使われることに。

単純な模様の組み合わせだったり、表現の妙だったり。
染物ということで、ぎりぎりまで削ぎ落としたデザインがいいのかも。

ということで、ナイスな手拭情報がありましたらご提供くださいませ。
そして僕へのお土産にはぜひローカル手拭を。
きっと小躍りします。。。

公園の時計のような人

時計買いました。
公園の時計を手首に取り付けた感じのヤツです。
「感じの」っていうか、公園の時計そのものです。

キャッチコピーを考えました。


公園の時計は、静かに人びとを見守ります(アラームがありません)

公園の時計は、裏表がありません(電波や電池を使いません)

公園の時計は、余計なものがありません(日付すらも表示しません)

公園の時計は、静かに時を伝えます(自動巻きなので静かです)

公園の時計は、誰からもよく見えます(驚異的に見やすいです)



僕も公園の時計のような男になりたい。(?)

写真載せないので、適当に想像してみてください。

どうしても見たい人は、「公園の時計」でググってみてください。

欲しい人は、無印で買ってみてください。

僕とお揃いになりますけどね。。

ヤマダ電機×4/日

200609252146314

200609252146312

20060925214631

ぶら汁の地理煮

20060924205442
学会後に師匠の誘いで浜松のブラジル拠点を巡るツアーに参加しました。半分は春先に師匠と二人で巡った場所。

回りは見知らぬ地理学者ばかり。聞かれる度に何の研究をしてるか説明するのが大変でした。エスニック・移民移住の研究グループのツアーだから仕方ないんだけどね。

カメラ抱えた地理学者が十五人くらい、突然小さな店に押し入り、勝手に写真撮るわチラシ束で持ち帰るわ店員質問責めにするわ、さぞかし迷惑だったことでしょう。

懇親会でポルトガル語の「サウージ(乾杯)」を連発して泥酔してたのはどこの先生だろう…。

このくらい遠慮なくやりたい放題できなきゃ地理学者になれないのか!?と、小さく学んだブラジルツアーでした。

浜松にはブラジル人だけで一万五千人くらいいます。ブラジル人がフットサル場を経営してます。郊外型ブラジル日用品スーパーありました。

浜松=ブラジルです。

ここを右折

20060924131523
右折…

特に意味はないです。知らない人がいっぱいです。教室狭すぎです。

ミクシのメッセージ見るの大変なので、できましたらばしばらくの間は直接メール下さいませ。

でっかいどー

20060923214111
会社の旅行で北海道に行った姉がトウモロコシくれました。

ついでに、鞄の車輪で新車のシートを派手に汚していきました。

結婚してもあいかわらずです…

…むしろ悪化?!

発表しゅーりょー

20060923152458
パワポのスライド設定がおかしなことになってたのに気づかないまま発表はじめてしまい、結局イマイチな感じで終わってしまいました。かなり消化不良気味。

しかも昼飯の焼き飯のスープは真っ黒でした。醤油か?

コアな思想系の発表もなく、聞いていても眠いばかりなので、早めに静岡に戻ってきちゃいました。

軽く裏返りたい気分。

今から発表

静岡~浜松は案外近かった(当たり前か…)。

朝九時からの発表ってことで、早めに来たわけだが、受付まだ準備整わないってことで、しばし待機。

ひんやりした風が気持ちいい。冠婚葬祭以外でネクタイ締めるのはひさしぶり。去年九州で発表したときはノーネクタイだったし。

首元が苦しくて吐きそう…。

電話出ると別人

20060922194843
学会発表前の最後の打ち合わせ(研究指導?)のために、バイクが急いで坂道を駆け上がってたらポケットの電話が鳴った。

知り合いからだと思って出たら、「おたく電話忘れてますよ~」と、唐突に意味不明なことを言われる。

その電話で喋ってるんだから忘れてるわけないじゃん…。っていうか、あなた誰ですか?

正確には「この電話拾ったんだけど、おたくこの電話の持ち主と知り合いだったら何とか連絡してあげてもらえませんか?」という電話なのだ。話を意訳するのに二秒くらいかかったぞ。

それにしたって、070番号を見て固定電話と勘違いしたのか…?どうせアドレス帳の一番上にあった番号にかけてきただけなんだろうけど、なんで本人が出たと思い込んでるんだろう??

まあ、前にも同じようなことがあったので、すぐに「はいはーい。伝えます~」と言って電話を切った。

幸い、落とし主は職場にいたためすぐに連絡がつき、事なきを得た。

拾われた電話は運よく職場のあるビルの管理事務所に届けられたということらしく、管理会社の人が僕にかけてきたということらしい。

ということで、皆さんが電話落としたら僕に電話がかかってくる可能性が高いので、なるべく電話落とさないようにお願いします。

もちろん好きで落とす人はいないんですけどねぇ…

※写真は本文とは関係なく、留学生のお土産です。内モンゴルのミルクキャンディ。チーズ風味なのはわざとなのか?それとも途中で発酵したのか!?

ヴァナキュラーな地理学?

発表準備のツメということで、夕方先生と打ち合わせ&リハーサル。それをふまえた上で、現在改めて修正作業の準備。明日午後、最後のリハーサルと打ち合わせしてから静岡にGO!

地理学研究全体の中で、今回の研究をどのあたりに位置づけるのか?というのが最後の修正点。発表というよりも、論文執筆を視野にいれた課題。

若林幹夫の「思想としての地図―あるいは,「知の地政学」へ」なんて文章を読んでみたりしながら、手描き地図とハザードマップの位置づけを練り直し中。「メンタルマップとして描かれた災害の場所」と言うのではなく、シンプルに「災害についての住民の空間認識」とした上で、ハザードマップとの対比点を明確にしながら論考を進めるというスタイルにしたいのだが、どうもまだしっくり来るストーリーが思い浮かばない。

若林幹夫はイリイチを引用しながら、近現代の「正確」な地図等「透明で正確な地図」が作られる一方で、ガイドマップやイラストマップなどの「ヴァナキュラーな地図」が作られているとして、「透明で正確な地図」と「ヴァナキュラーな地図」を並置してみる。

日常世界の中で人々や社会と地理的世界との関係の形であり、日常的な生に内在する世界との関わり方という意味での「思想」である。そしてそこには、日常的実践に内在するミクロな政治と空間の関係という意味での地政学もまた存在している。(『空間の政治地理』p.154)

なるほどね。歴史学のアナール学派の一連の取り組みやら、レヴィストロースのブリコラージュの概念ともつながってくるわけだ。ある意味、行政から提供される「透明で正確な地図」としてのハザードマップに対して、ポリフォニック(多声的)でヴァナキュラー(土着的)な地理学として手描き地図を位置づけることができるわけだ。

「透明で正確な地図」と「ヴァナキュラーな地図」は対立するものではなく、二つは相互に連関する関係の中で生産され、流通し、利用されており、それらは近代社会のいかなる点で協働し、いかなる点でズレを孕んでいるかを測定することが、「思想としての地図」のヘゲモニーの構造を読み解く試みとして構想されることになるだろう(引用同上p.155)

なるほどね。今日、先生が言うてはったのはこういうことだったんですね。俄然盛り上がってきました。はい、ここ萌えるところね。

もちろん、具体的なフィールドのレベルにおいて、思想家?若林幹夫さんの言う「連関」を捉えることができるのかどうかは分からないけれど、取り組んでみる価値はありそうだ。

そんなこんなであと一日しかないですけど、も少し考えてみようと思います。がんばるぞー。

国破れて山河あり

首相最後の仕事として、東京都の通達に関する裁判の判決を受けて「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬意を表すというのは」と言われたそうです。

人と国の関係は卵と鶏の関係とは違うんじゃないか、という感想を持ちました。ホッブスのリヴァイアサン、社会契約論を振りかざすつもりもないけど、「人がいて、国がある」ということを強く認識させられた発言でした。

本質主義的に「人として国旗や国家を敬うべき」と言われてしまうと、そこから先の議論をすべて踏みつぶすことになってしまうんですね。

近代国家成立以前にこの土地に住んでいたのは「人」じゃなかったのかなぁ?とか、国を相手に裁判起こしてるのは「人」じゃないのかなぁ?とか、いろいろ下らないことがいっぱい頭をよぎるわけですよ。

人と国との関係って、改めて深く深く考えていかなきゃいけないなぁ、と思った昨日は「9.21:国(くにぃ)の日」でした。

↑まだ引きずってる・・・?

23日は「9.23くにいさんの日」にしようかと思案中です。

9.21の日

今日は9月21日なので、「くにーの日」としたい。


くにー祭。クニーせんべい。くにー御輿。くにー焼き。くにー掬い。くにー踊り。くにー太鼓。くにー競争。くにー定食。くにー割引。くにー特急。千とくにーの神隠し。くにーさんいらっしゃい。ドラゴンくにーZ。

今日は9月21日だけど、「くにーの日」にしなくてもいいか。。。



「あ、この人おかしくなった・・・」と思う人がいることでしょう。

そうですね。百から7ずつ引いていく計算は苦手です。



昨日はライブドアえモン氏の公判で、宮内さんの証言がニュースになってましたが、何だかイマイチでしたね。

あれじゃ、小泉純一郎(こいさん)なんか30回ぐらい逮捕されてるって。

・・・・・・・・・・・・
秘書「首相、例の献金についてですが」

こいさん「適切に判断します」

秘書「わかりました」
・・・・・・・・・・・
秘書「首相、例のもみ消しの件ですが」

こいさん「人生いろいろ!」

秘書「わかりました」
・・・・・・・・・・・・・
秘書「首相、首脳会談の件ですが」

こいさん「らぶみーてんだー!」

秘書「わかりました」
・・・・・・・・・・・・・

ってな具合に適当に喋ってると、事態はいい方に勝手に転がっていくわけ。

悪意がありそうならいぶどあエモン氏の方が、よっぽどマシだと思う。




ふぅ。

このすばらしき日々。

昨夜、3時頃まで発表シナリオの検討。
今朝9時頃起きる。シャワー浴びる。
10時から発表資料作成開始。
正午頃、遅い朝ご飯食べつつ「純情きらり」を熱烈視聴。
15時頃、家で作業するのに飽きて研究室へ。
17時頃、二日前に食べ残した茹でたジャガイモ食べる。
21時現在まで作業継続。食料不足につき、研究室より下山。
22時頃、夕飯食べる(予定)。
3時頃、発表準備が完了して寝る(予定)。
明日10時頃からリハーサル(予定)。
正午すぎ、純情きらりを熱烈視聴(予定)。
明日16時頃から先生と打ち合わせ&リハーサル(予定)。
明日夜~明後日夜にかけて、発表資料修正(予定)。
明後日夜、静岡に出陣(予定)。
土曜朝9時、学会発表(予定)。

完璧だな。よしよし。

ジャクシャ

今日はお仕事で、簡単な報告をした。

その際「社会弱者と災害弱者は違うのか」という点が議論になった。
以下、自分用の簡単なメモ。

(概念論は不毛な雰囲気で進むので、興味ない人は読まないでね。)

〔本人の状態〕
「災害前からしんどさを抱えてる人」(社会弱者?)
「災害によってしんどさを抱えるようになった人」(災害弱者?)

〔支援の状況〕
「災害によって「支え」が壊れて、しんどさを抱えるようになった人」(災害弱者?)
「災害前から「支え」がなくて、しんどさを抱えている人」(社会弱者?)

弱者の概念って本質的に存在してるわけじゃなくて、環境によって如何様にも変化するものだと思う。社会制度しかり、社会関係しかり、内面性しかり。

災害弱者は存在せず、社会弱者のみが存在すると言う人がいる。
災害時の状況も日常の反映だと見なすことができるからだろうか。

日常では社会弱者ではなくても、災害弱者になる場合があるという。
災害という非日常が、有り余るしんどさを生み出すからだろうか。

災害支援制度上は災害弱者の概念を定義しておくべきかもしれない。でもそう考えると制度的弱者と災害弱者は同じなのかそれとも違うのかと、やはり悩みは尽きない。

悩みは尽きないけれど、たぶんそれは、本当は今日は産業被害と地域経済について報告すべきだったのに、間違って災害弱者の話をしてしまったところがそもそもの原因なのかもしれない。



( ゚∀゚) むヴァぁ”ー。



と、部屋の中でエエ声出しても、取り立てて状況は変わらないし、学会発表の準備も進まないの。。。

くじの日

外れた宝くじが捨てられなくて後生大事に手元に残してある庶民のミナサマ。
もう2週間ほど前ですが、「くじの日」の当選番号が発表されました。

過去一年間の外れ券の下4桁の番号をチェック!チェック!


お楽しみ抽せん 当せん番号 下4ケタ

   4181 番

◎ 当せん券送付締切日:平成18年10月31日(火)(当日消印有効)

   
賞品 :以下の5品の中から1品選択
〔体脂肪計付ヘルスメーター、電子辞書、マイナスイオン発生空気清浄機、スティック型クリーナー、フットマッサージ〕


当たってるけど賞品要らな~いという人は、庶民のミナサマの下の方で暮らしてる僕にプレゼントしてくれればいいと思う。うん。空気清浄機欲しいなぁ・・・。

参っとるところ。

いよいよ週末が学会発表ということで、夏の調査のまとめをしながら発表内容を練っているところ。

災害をめぐるメンタルマップや聞き取り調査の内容を材料にしながら、住民が「災害の空間」をどのように認識しているのか、頻発する災害にどう向き合っているのか、微妙な条件によって大きく異なる避難行動や空間認識、「可視化された災害」がもたらす空間認識とは何か、などいろいろなテーマや課題が出てくる。

一方でハザードマップの作成過程を追いながら、ハザードマップとメンタルマップの間にあるズレに着目して、ハザードマップの限界やハザードマップとは異なる次元で構築される「災害のメンタルマップ」の重要性について指摘したいと考えている。

その上で、新たに「現代の輪中」を構想する住民のグループや、既存の輪中堤防を維持するための新たな取り組み、水系全体を考えながら洪水や治水を考える住民の存在を、「災害の場所」を構築する取り組みとして位置づけたいと考えているが、まだ枠組みと論旨の力がヘボヘボだ。

これまで場所の記憶や場所の装置が構築されていくプロセスを明らかにするという取り組みをしてきたけれど、今回は今までよりも深いレベルでやらなければならないと思う。

構築された記憶のひとつとしてメンタルマップを位置づけるならば、構築されるプロセスや仕組みを明確に示す必要があるだろうし、地域が形成されるプロセスと生活者の生活史を重ね合わせながら、構築されたメンタルマップを解釈していく必要があるかもしれない。

発表まであまり時間がないけれど、どこまで深く考えられるのか、できるところまで頑張ってみたい。発表の前後、論文を書き始めるまでの助走が大事なのだ。

鞆の浦の写真

デジカメで撮影した写真も載せておきます。本当にいい町でしたよ、鞆の浦。港があって、古い建物に囲まれて、猫がいっぱいで。

↓写真はここから

追記を表示

台風13号接近中。

台風13号は、昨日一昨日と参加していたゼミ合宿の最中もずっと気になっていたわけですが、いよいよ九州上陸でしょうか。

台風の中心が長崎~福岡の鼻先をかすめるように通過して、山陰沖に抜けてきそうです。阪神地域再接近は明日午前中~昼ぐらいにかけてでしょうか。予想よりもだいぶスピードが遅くなっているようです。17日17時現在、中心付近では猛烈な風雨を観測しています。凝集力の高い台風のようです。

ちなみに、13号に気を取られているうちに、14号(ヤギ)が発生しています。この子は、日本のはるか南の発生海域で、時計回りにぐるりと小さな円を描きながら発達するようですが、その後の進路はまだ分かりません。20日ごろの予報で、沖縄方面に向かう進路予測が出ると、今回の13号のように急旋回して日本に向かってくる可能性もありますが、まだどこに向かうのかまったくの未知数です。

乗り換え@三石

山陽本線の相生向こう、岡山の手前。三石という駅で乗り換え待ち30分。

誰もいないホーム。周囲には、人家の気配すらありません。

そして、待合室は昆虫の楽園です…。

赤穂線経由の方が早かったかも。体のあちこちが痒くなってきたのは気のせいかなあ。

鞆の石

200609161931482

20060916193148
鞆の浦で見かけた石たち。

帽子のような燈篭と餅のような力石。

鞆の浦は妙に居心地のいい町でした。食べ物屋が増えたら、また行ってみたいなあ。

鞆の浦!

200609151820194

200609151820192

20060915182019
鞆の浦にいます!

ヒッメージ!

20060915100753

200609151007522

20060915100752
新しくなった姫路駅にびっくり。

改修工事が進んでるって話は聞いてたけど、どこか別の駅に来たみたいな感じ。

ついでに切符も撮ってみた。姫路~岡山は気分的にも長距離戦。

ベランダ

20060915085020
ゼミ合宿に行くために珍しく早めに家を出たら、我が家のベランダだけが妙に賑やか。

学生マンションとは思えない潤い、というよりも生活感…。

まだまだ朝顔は咲き続けるみたい。負けてられんです。

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。