Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆アントクアリウム

20061005020637
あまりに変化がないので、ひっくりかえしてみました。

ありさんたち、まったく動じてないじゃーん・・・と思いきや、突如穴を掘り始めました。さすが。

ちなみに引っくり返すのは、取り扱い説明書にも推奨されてましたんで。

決して虐待じゃないです…
スポンサーサイト

キリギリスとアリ

アントクアリウムのアリさんたち、最初の5日間ぐらいは一生懸命掘ってたんです。でも、ここ2週間ぐらいは全然何も働かなくなりました。別にいいと思う。それでいい。働かなくてもいいじゃないか!

でも、やっぱり不満。。。


今日の格言:

「やったことだけが評価されるんじゃなくて、存在そのものを大事にする時代なんですよ」

アントクアリウム続報

すっかりごぶさたのアントクアリウムですが、大殺戮後に選手の入れ替えして、小さめの二匹が現在まで無事に巣を掘り続けています。

初日から三日目くらいまでかなりいいペースで掘ってましたが、昨日くらいから急にさぼりはじめました。やはり二匹だけだと息切れしちゃうんでしょうか。

まあ休み休みぼちぼち掘ってますんで、気長に観察していきたいと思います。あんまり面白くなくてすんません…。  

アントクアリウム劇場の悲劇

研究室で論文読んだり調べたりコピーしたりして、ふと気がつくと、机の上に置いていたアントクアリウムの中にアリの足が散らばっているではないか・・・。

よく見ると、一匹のアリがもう一匹のアリの頭に食いついている。食いついた側のアリは既に死亡。足はバラバラになっている。

食いつかれた側の頭部には、相手方の強力な顎が突き刺さり、どうにもならない状況。とりあえずアントクアリウムを冷蔵庫に入れて冷やし、アリを動けないようにさせてから足の回収をしてみたものの、当分なんともならない感じ。

巣が違うヤツが紛れ込んじゃったってことなのかなぁ。。なんか悲惨なことになってしまって、初日からかなり凹み気味のアントクアリウム劇場。

いちど全部リリースして、もう一度捕獲(拉致?)してくこようかな。。。

アントクアリウム劇場開幕

ant1
(↑右上に4匹目がいます)

本日、2006年9月8日午後2時頃、大学内に生えてた大きな松の木にてアリ4匹を捕獲。

「うわっ、あれアント何とかやろ。知ってるで~」と松の木と闘う僕の背後でボソボソ喋る学生諸君の声を遠くに聞きながら、クロオオアリらしき大きめのアリをゲット。体長1センチぐらいあります。デカいです。

一匹捕まえて入れる隙に、先に入れたアリが脱走するんですけど、これって何とかならんですかねぇ。。。20分ぐらいかけて4匹捕まえましたが、かなり大変。

いったん自宅に戻ろうかどうしようか悩んだ末、とりあえず研究室に連れてきた。これでやっと、一ヶ月前に弟タカヒロからもらった誕生日プレゼントのantquariumを開始できる。

アリさんたちは、はじめはひたすら右往左往するばかり。しばらくすると、二匹三匹と集まってきて、ヤンキーの睨み合いのような場面が繰り返される。体を丸めてお尻の先を相手に突き出す。何してるんだろう。。落ち着いてきたのか、無駄に早足で歩き回る回数も減ってきた。

今日中に巣を掘り始めるのかなぁ。他の人のブログを見ると、開始1時間ぐらいで掘り出すこともあるみたい。。ということでしばし観察継続。

Extra

記事とコメント

プロフィール

aiai

Author:aiai
過去ログです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。